見極めるたびに懐かしくのぼる品物たち

さほどカテゴリーを取ったわけではないのですが、それでも見るたびにちょっと目を止めてしまうものが増えてきました。
意外とデパートで見る駄菓子。
思い出深いとかじゃなくて、経費の高さに驚嘆します。
いまだに自身が昔には駄菓子屋が存在していたので、300円もあればそこそこ満足なだけのデザートが買えたはずなのになあと。
徹頭徹尾大人になって、駄菓子屋に足を運ぶのも僅か気まずい感じになってしまいましたが、それでもこういう経費を見ると確かめたくなる。
次にしじみ。
しじみは今でも売ってますが、構成詰め込みして残る雑貨ばかり。
で、たま〜〜にですが、あの穴あきおたまですくって量り売りやるしじみを見るとたまらなくなります。
個人的にはしじみは嫌いなのですが、ノスタルジーを感じてしまってふっと、と言うか食べて受け取る者がいるときには買ってしまう。
それととってもそれほど見なくなったのがデパートなんかに導入されたコーヒーミル。
一回も使ったことはないんですが、アレが生じるコーヒー店舗はコーヒーの香りが漂ってきて、別格の店舗になってたような気がするんだけど、最近はほとんど見ないし、そもそも挽いたときの豆しか売ってなかったりして、あの香りは皆目消えてしまいました。

どれもちょいおもしろい事項だったのに、試合が無くなっていくのはちょこっとうら寂しいだ。ミュゼ 足 脱毛